子供の歯を守るためのデンタルインフォメーション

年齢別の子供の虫歯が発生しやすい箇所

0歳から3歳頃までの子供の虫歯が多い箇所

子供の乳歯は早ければ生後6ヵ月頃から生え始めます。
全ての乳歯が一斉に生えてくるわけでも、一度に乳歯が生え揃うわけでもなく、上下の前歯から徐々に生えていくため、子供の虫歯が発生しやすい場所にも年齢ごとに偏りが生じることになります。

0歳から2歳頃にかけてであれば、上下の前歯から歯が生え始めることから、前歯を使って齧り取る形で食事を取ることができるようになります。
上下の前歯の使用頻度が高く、特に前歯の後ろ側に食べかすや歯垢、歯石が付着しやすくなるため、この時期、保護者の方はお子さんの前歯の後ろを注意深くケアするのがお勧めです。

2歳から3歳頃にかけては、奥歯も生え始めるので、普通の噛んで食べる食事に移行することから、必然的に奥歯に食べかすが溜まりやすくなるため、保護者の方はお子さんの上の奥歯のケアに注意を払ってください。

4歳から9歳頃までの子供の虫歯が多い箇所

4歳から5歳頃にかけて子供の奥歯が本格的に生え揃い始めるため、既に生えている歯が動き、歯間が狭まっていきます。
この際、歯と歯の間に食べかすや歯垢、歯石があると歯間に詰まってしまい、すぐさま虫歯につながりますので、この時期、保護者の方は歯と歯の間のケアに注力してください。

6歳頃になると永久歯が生え始めるため、虫歯が発生してしまうと子供の歯にとって取り返しのつかないダメージが生じかねません。
一度でも虫歯が発生してしまうと一生涯にわたって虫歯リスクが付き纏いかねないことから、保護者の方によるお子さんの歯のケアを継続しなければならず、9歳頃までに生えてくるであろう、乳歯がない場所に生える永久歯の奥歯二本は、歯ブラシが届きにくいので、保護者の方は要注意です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ